おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹と家族の日常絵日記、時々猫写真。

娘とままごとをしていた。


料理人の娘にカツ丼を注文。


すぐ出されたカツ丼。


しかしそのカツ丼が入れられた容器は、

レジなどにあるお金を払うときに入れる時のトレイ。



なんとも不衛生な店に来てしまった。



架空の割り箸を割り、食べようとすると

取り上げられるカツ丼。



熱さを気にしてくれる過保護な料理人。


大丈夫だからと言って手を伸ばすも、

決して手を触れさせてくれない。



どれほどの熱さなのであろう、この不衛生なカツ丼は。


焦る娘の姿が楽しかったので、それでも貰おうとした。



激しい抗争に、時折床に落ちる丼。


もうすでに食べられたシロモノではない。




「冷やさねば熱い」ということで、



料理人は扇風機で冷やしはじめた。

すると、あれほど煮えたぎったままのカツ丼だったが


冷たくなったようだ。

脅威の冷却パワーを持つ扇風機。

「どうぞ」と言って差し出されたカツ丼を、

改めて架空の箸を割り、いただきました。





人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング
応援いつもありがとうございます。励みになってます。

旦那が長い仕事を終えて、

一ヵ月半ぶりに娘と再会した時のこと。



声にならない喜びの声を上げて喜んだ娘。



私は、この幸せな光景を側で眺めていた。



少しすると、

旦那の腕にまとわりついていた娘が静かになった。


そして、両手をじっと眺め、



暑さで汗だくの旦那に

不快感をあらわにする娘。



そしてその手を私へすりつける!


ウギャー!


何故そこでこちらへ来るのか!



その後は「汚くなんかないぞ…!」と言って寄ってくる旦那と、

3人の壮絶な攻防がありました。


微妙な再開。





人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

応援ありがとうございます。わざわざどうもです。

ブログやお仕事で描く内容が思いつかず、

娘の行動を必死で思い出そうとすることが時々ある。



すると、旦那が力ない声でポツリとつぶやいた。



旦那「何も力になれなくてごめん。

手伝えることが無くてごめんな…」



旦那「ほんとに?良かった

それぐらいしか特技無いけど…」


神妙な顔のまま近づいてきた旦那、




旦那「屁しか出せない…」



…早速使わせていただきました。


欲を言うと、普通のオナラはもういらないので、

斬新なのをお願いします。


でも娘や私には向けないで。



---

携帯電話からの書き込みは、中傷コメント対策として禁止させてもらっています。

携帯から閲覧されている方には大変申し訳ありません。

プチメなどからお気軽に連絡くださいませ。



人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

応援いつもありがとうございます。励みになってます。

↑このページのトップへ