おそらくその平凡こそ幸せ

インドアな主婦と家族、猫の日常絵日記

夜、寝るときはバスタオルを二つ折りにして

お腹の上にかけています。


042

寝返って

043

寝返って

044

更に寝返る!




・・・・・と、

045

お腹まわりもっさり。



いっつもこれで苦しそうにしています。



こうならない方法ってあるんだろうか。

旦那の特技は、のび太並の寝つきの良さ。




それも大概すごいと思いますが、

まだ特技があります。



しかも、とても迷惑な…。



それは、




おなら。



オナラキング。




いつでもどこでも自由自在。

アクロバティック放屁↓


073

以前はほとんど無臭だったので、オナラをされても

精神的苦痛のダメージを受けるだけだったのですが、



最近はダイエットを始めてから

においに磨きがかかってきました。





うっかり嗅いでしまおうものなら

叫ばずにはいられません。



軽く兵器並み。



074

つかまったら最後、

大変な目に遭います。




そんな旦那の特技なんですが、

今日はとんでもないものを目の当たりにしました。







075


娘の顔の前で死のカウントが

開始されている…!






娘、産まれて初めての

生命を脅かすピンチ!




076


発見後、

すぐさま救出に向かいましたが、




すでに犯行後でした。



娘の微妙な表情。


時すでに遅し。




あまりにありえない光景だったので

その後こってり旦那を叱りました。


ううむ、許しがたい!!


ranking ←応援よろしくお願いします。

             いつもありがとうございます。


前日の続き



「子供たちを放せ!」


遙か遠くのジェットコースター乗り場から

聞こえる叫び声。


056

待ってたよ!!ギャバン!


待ちわびてたよ!



ギャバンが現れた感動も束の間、



057



え・・・・・・・?




駆け下りるの・・・?


058

飛び降りないんだ・・・。


大人の事情を理解出来ずに

裏切られた気分の私。



本物だと信じつつも、仕方ないんだと

子供ながらに自分を納得させていました。



その後、お決まりの進行なんですが、

詳しく覚えていません。



鮮明に覚えているのはテレビと現実のギャップのみ。



最後にギャバンにサインを書いてもらい、

握手してもらいました。

059


とてもとても緊張して、嬉しかったのですが、

やはり覚えているのはイメージとのギャップ。



メタリックボディと

見せかけておきながら、

柔らかく暖かい手に

再び落胆。


何?!

おかしい!


何かが違う!

でもギャバンに変わりはないし…


と、動揺しまくりでした。

プチパニック。




でもまあ、大人の事情に振り回されつつも

ギャバンに会えて嬉しい日でした。



実家に写真もありました。

gbn あ、私スカートだった…。



ranking少しランキング上がりました。ありがとうございます!

             今日もポチリと応援お願いします。


↑このページのトップへ