おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹と家族の日常絵日記、時々猫写真。

娘がもっと小さいときに買っていたシャボン玉。


娘ももうすぐ3歳。

そろそろ出来るようになっているだろうとひっぱりだしてきた。


大丈夫だ。

娘も上手に遊べるようになった。

楽しい!!


三十路の私も娘と同じになって喜んで遊ぶ。



しかもこのシャボン玉の液は濃い目なのだろうか。


結構頑丈だ。



地面にくっついても残っているものがある。





・・・いや、残りすぎている。


こんなに地面に残るものだろうか?!


パチン?!

音を立てながらシャボン玉を踏みつけて行く娘。



お・・・


普通割れるときに音なんてするのか・・・?!


!!



これだ!



思い出した。



私の持っているのは

「割れないシャボン玉」


車や洗濯物にもついた!!


しかも車のは手では剥がせそうにない。


どこまで頑丈なのだ!



以前「割れない」というのが楽しそうで購入していたのだが

一度試して、後始末に困ったことをようやく思い出した。



クロにも沢山くっついて取るのに一苦労しました。



▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

旦那が長期の仕事へ旅立った日。


車で空港まで送っていったが

まだみずぼうそうだった娘、見送りは車の中。

以前から娘に言っていたので長く出かけるということを

分かっていたようだ。


低めのテンションで棒読みっぽい喋りだ。



別れを惜しみつつ、間もなく出発した旦那。





帰りの車中、娘はぼーっとした顔で無言。

眠いわけでもないのにおしゃべりな娘が全然喋らない。


話しかけると、口が「へ」の字になった。


口がへの字、とはまさにこのことかというお手本のような「へ」。



我慢していたようだったが、すすり泣きはじめた。



そしてその泣き方はどんどん本格的になってきた。


わんわん泣き出した娘。

何とか元気を出させようと話しかけるが全く駄目だ。

しゃくりあげ、何をいっているか分からない。



しかし、何度も聞いているうちにようやく分かった。



私に元気を出せと言っている。


元気を出すのはアンタだー!

泣いているのは誰だー?!



結局、家に着くまで

旦那がいない寂しさで泣き続けた娘。

娘が泣くのがつらくて泣き続けた私。



実家へ帰ると、まだ泣き続ける娘を見て

泣き出すファミリー。



娘よ元気を出せ!


あの手この手で娘を元気にさせようと頑張るわれら。



娘に笑顔が戻ったころには

私たちは恥ずかしすぎる姿となっていた。



これをきっかけに娘復活!


頑張って待っていようね娘。




私たちは実家でみんながいるが、娘にも会えず

旦那が一番つらいだろう。

次に会える時の娘の成長を楽しみに頑張ってください。





▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング






抱こうとする者すべてが血を見ることになる危険な男、クロ。


触らなければ全く危険はないが触りすぎると危険だ。

飼いはじめのころは家族中、毎日血を流したものだ。



だからクロと娘が近くにいると気になって注意して見てしまう。



娘が机でお絵かきしていると、


クロが顔をにおいに行った。


「クロは触ると危険」

ということをわきまえている娘。


触りたい気持ちをこらえ身を任せる。



犬のようなかぎっぷりで娘の顔中においまくるクロ。



危険な子供ではないことを確認したのであろうか、

顔に体を擦り寄らせるように歩いたかと思うと、

最後に顔をはたいた。



クロのしっぽは結構痛い。


だが娘、クロが心を開いたと思ったのか

しっぽの感触が良かったのかなんなのか、


気に入った。



自ら叩かれに行く娘。


だがクロもそう同じところでいる猫でもない。

去って行こうとしたのだが、そうはさせぬと追う娘。


まだ・・・まだ足りぬのか・・・!?


娘よ、走るその先にあるのはドMへの道。


母としては向かってほしくない道だ・・・!



かなり昔にもクロのしっぽで叩かれて喜んでいたことを

描いた事があるが、未だそれは変わっていないようだ。



大声を出すので最初はクロも警戒していたけど

今はすぐ横でべったりしていても全く怒らなくなりました。


もちろん過度に触るのは厳禁です。






▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング





↑このページのトップへ