夜、就寝前に娘が問いかけてきた。




オナラを出せるかと言う。


そのような芸当は私には無理だ。

あいにくそれほど高度な技術は持っていない。



オナラのことなら専門家である旦那が帰ってきたときに

頼んでくれたまえ。


私の返事を聞いた娘、


揺ぎ無い力強い言葉で言い切った!


なんだと・・・?!


そんなことが3歳児に可能なのか?!



娘は一瞬、口を結んだかと思うと、

有言実行!



響き渡るキレの良いオナラの音!



負けた・・・。


おそらく自分でオナラの気配を感じていたから

言ってきたのだろうが。


近頃オナラの後に

「臭うてみ!」

と言って臭わそうとするのは考えものだ・・・。






▼応援いつもありがとうございます!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング