「ほいくちょごっこしよ!」と言ってきた娘。


どうすればいいのだろう。

とりあえず、本当に保育所に行っている時を再現してみよう。


車に乗り、運転する私。

娘はちゃんと後部座席らしき場所に座っていた。


こういう感じでいいのか。




車を止め、一緒に保育所(隣の部屋)へ向かい、


保育所へ入る前にきちんと靴を脱ぐ。

・・・マジックテープをはずしているらしい。


私もあわせて、脱いでいるふりをし、


いつものように、

書類に記入するふりをしていると、

?!

「あぱたん、頑張ゆ!ばいばい!」


と、力強くこちらに向かって手を振る娘。


えっ・・・?

ここで私の出番終わり?


なんというリアルさ。


こちらも、「じゃあバイバイ」と言ってもそのまま手を振っていたので

保育所ごっこのその後が気になって聞いてみた。




先生いた!

二人もいた!!



私か娘がやるものとばかり思っていた先生役が

まさかぬいぐるみに務まるとは思いもしなかった。




このまま私が家へ帰り保育所ごっこは終了したが、

2度目の保育所ごっこでは私も幼児となり、

保育所の一日を教えてくれました。




▼応援いつもありがとうございます。更新の励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング