私が頭痛薬を飲もうとすると走ってくる娘。


そして私の口の中へ薬を入れてくれる。

水まで飲ませてくれて至れり尽くせりだ。


しかし、それが楽しかったのか

薬の場所を覚えたらしくメタルラックによじ登っていた。

危ない危ない。別の場所に変えておかねば。



頭痛薬を手にした娘。


今にも笑い声がこぼれそうな

笑顔で聞いてきた。


このやり取りが何度続いただろうか。


私が「痛い」と言うまで聞き続ける勢いの娘。


ことごとく断る私に、


なおも食い下がる!

ようやく諦めた娘。


心底がっかりした顔で薬を戻しに行った。



どうしても飲ませたかったのか…。


残念だったな。




大人の薬は飲んだら危険ということを知っているので

飲もうとはしないのですが、突然何をするか分からない

2歳児なので気をつけます。


-----------

携帯からのコメントは中傷対策のために出来ない設定にしてあります。

携帯から閲覧されている方にはご迷惑をかけ申し訳ありません。

プチメなどから気軽にご連絡ください。



▼応援いつもありがとうございます!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング