最近、娘は座ったまま前へ進んでいくことがある。

じりじり…下を向いて進んで行く。


そういう時は必ず、

393

オムツでおもちゃを押しながら前進。


…何故そういった移動の仕方をするのかは

全くもって謎なのだが。


今日も運ぶよずりずりと。


と、その横で肩を落とし、

ため息をつく中年が。

394

…いつものテンションは何処へやら。

このぐらいおとなしいのが普通の人だろうが、

普通という定義から外れている旦那が

この様子はただならぬ事態に思えた!


どうしたのか聞くと、

ゆっくりと首だけこちらへ向き、

395

静かな声で語り始めた。

旦那「…これを…食べてみたんだ…」


そう言った視線の先にあったのは

aaaasss

様々な%のチョコレート。

そして封を切られていたのは99%のチョコ。

私がそれに気付いたかどうかも確認しないまま、

うつむいて喋り続けた。

旦那「…それは食べたことなかったから…

一度食べてみたかった…」


「それなのに…楽しみにしていたチョコなのに…!」

「つらい…!本当につらい…っ!!」


そして黙り込み、ため息ばかりつく旦那。

これはよっぽどだ!


確かにあのえげつない味は

下手な薬より喉を通りにくいかもしれない。


あれを興味本位や健康のため以外に、

スイーツとして食べる人はまずいないだろう。


旦那はしばらく嘆いていたが、娘に癒されようと近づいて行った。

すると、娘が旦那にボールを差し出す。

396

ボールは投げるものだと認識済みらしい。


結局深く傷ついた心を更にえぐられた旦那でした。

今日は同情した。



いつも応援クリックありがとうございます。お手数かけます…。

↓↓               ↓↓

人気blogランキング      子供服・子育てブログランキング