臨月の妹が、どんどん動きたいというので、

公園のあるへ行ってきました。


私自身、出産前に歩きに来てた所でもあります。





その時に比べ身軽となった今、現在。





フニャコ「疲れてきたら、ゆっくり休みながらでいいよ。」



と、逆に身重になった妹を気遣いながら

登り始めました。




そして、



登り始めて1分も経たないうちにダウン!!













私が。




妹「ごめん、無理しなくていいよ?」


フニャコ「だ、大丈夫…!」


137

早くも、膝が笑っている…!


ふくらはぎが悲鳴を上げている…!



これはダメだ!


ん?!もしや、私はベビーカーを押してるから苦しいのでは…?




そんな私の考えを察知し、

妹「ベビーカー押すよ」


フニャコ「すまんねえ…」


妹「ん…!?ベビーカー押すほうが楽だよ!」



な、何ぃ!

確かに普通に歩くより体重を預けることができた…!




ということでまたベビーカーを押し始める私。



太ももが上がらない…!

前へ進まない…!



私の足は、そう、まさに

生まれたての小鹿…。


ブルブル震える足と格闘しつつ、


何度も妹を待たせ、なんとか展望台へ到着。



138

目の前に広がる絶景…


苦労して登った甲斐があったというもの。



大人しくしている娘も、

この風景に浸ってるんだろうな…


と、覗き込む。

139


景色を眺める気など、

さらさら無し!


この絶景は腕の痒みに劣ったか!


娘よ!

ああ、娘よ!





そんな娘に拍子抜けし、下りだしたんですが、


ブレーキが利かない!










私の足の。



フニャコ「あ…足が断末魔の叫びを上げてて

このままベビーカーとともに

転がり落ちそうな勢い…」


妹「ええ?!私が押すよ!」



私が押すと、娘の命が危険にさらされるので

妹にチェンジ。


もうすでに、

私の足は私のものであって

私のものではない!

自由がきかない!


140


妹の日傘を杖代わりに、

おまえはチャップリンかと突っ込まれそうな歩き方で

山を下ってきました。



結局最後まで妊婦の妹に気を使わせっぱなしでした。


筋肉痛になりそうです…数日後に。



01 ←いつも応援クリックありがとうございます!

とても更新のはげみになっております!