おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹と家族の日常絵日記、時々猫写真。

2006年06月

メジャー好きな娘


95


戻るの勢い良過ぎ。




先日の旦那の風邪ですが、


旦那→娘→私へとバトンのように回ってきました。



ちょっと不調なので今日はこの辺で…。



ranking ←「最近ネタ無いのかよ!」ボタン。

             すみませんすみません。絞り出します。


夜、寝るときはバスタオルを二つ折りにして

お腹の上にかけています。


042

寝返って

043

寝返って

044

更に寝返る!




・・・・・と、

045

お腹まわりもっさり。



いっつもこれで苦しそうにしています。



こうならない方法ってあるんだろうか。

旦那の特技は、のび太並の寝つきの良さ。




それも大概すごいと思いますが、

まだ特技があります。



しかも、とても迷惑な…。



それは、




おなら。



オナラキング。




いつでもどこでも自由自在。

アクロバティック放屁↓


073

以前はほとんど無臭だったので、オナラをされても

精神的苦痛のダメージを受けるだけだったのですが、



最近はダイエットを始めてから

においに磨きがかかってきました。





うっかり嗅いでしまおうものなら

叫ばずにはいられません。



軽く兵器並み。



074

つかまったら最後、

大変な目に遭います。




そんな旦那の特技なんですが、

今日はとんでもないものを目の当たりにしました。







075


娘の顔の前で死のカウントが

開始されている…!






娘、産まれて初めての

生命を脅かすピンチ!




076


発見後、

すぐさま救出に向かいましたが、




すでに犯行後でした。



娘の微妙な表情。


時すでに遅し。




あまりにありえない光景だったので

その後こってり旦那を叱りました。


ううむ、許しがたい!!


ranking ←応援よろしくお願いします。

             いつもありがとうございます。


前日の続き



「子供たちを放せ!」


遙か遠くのジェットコースター乗り場から

聞こえる叫び声。


056

待ってたよ!!ギャバン!


待ちわびてたよ!



ギャバンが現れた感動も束の間、



057



え・・・・・・・?




駆け下りるの・・・?


058

飛び降りないんだ・・・。


大人の事情を理解出来ずに

裏切られた気分の私。



本物だと信じつつも、仕方ないんだと

子供ながらに自分を納得させていました。



その後、お決まりの進行なんですが、

詳しく覚えていません。



鮮明に覚えているのはテレビと現実のギャップのみ。



最後にギャバンにサインを書いてもらい、

握手してもらいました。

059


とてもとても緊張して、嬉しかったのですが、

やはり覚えているのはイメージとのギャップ。



メタリックボディと

見せかけておきながら、

柔らかく暖かい手に

再び落胆。


何?!

おかしい!


何かが違う!

でもギャバンに変わりはないし…


と、動揺しまくりでした。

プチパニック。




でもまあ、大人の事情に振り回されつつも

ギャバンに会えて嬉しい日でした。



実家に写真もありました。

gbn あ、私スカートだった…。



ranking少しランキング上がりました。ありがとうございます!

             今日もポチリと応援お願いします。


ポリオの予防接種に行ってきました。



待合室にある、数多くあるおもちゃのなかで

娘が一目散に手に取りに行ったのは


055

車。


オウ!レディー!



下あご、さらには下唇を突き出して

必死で車を走らせている!


顔変になってますよ!




ううむ・・・

男の子のようだ・・・。




なんだか私の小さい頃を思い出します。



『ギャバン』


といえば、世の奥様方は普通、

調味料のギャバンを思い出すと思うのですが、


私の思い出す『ギャバン』は


『宇宙刑事ギャバン』


・・・・・ご存知でしょうか?これ です。



ウルトラマンや戦隊ものも好きでしたが、

このメタルヒーローが何より好きでした。

三度の飯より好きでした。嘘ですそれは言いすぎました。



小学校に上がるか上がらないかの頃だったか、

その大好きなギャバンが近くの遊園地に来るらしく、

両親、妹と見に行きました。



両親に連れられ、座ったのは

真ん中の真ん前。


幼いながらも微妙に恥ずかしいと思いつつ、

始まるのを待ってました。



しばらくして現れたのは

いかにも悪そうな敵と、ショッカーのような黒い手下たち。



そしてその悪者が手下に向かって下した命令は!


「姿勢の良い子供を

連れてこい!!」


「背筋のピンと伸びた子だ!」


えええええええ!



今思えば、子供だましにもほどがある選出方法。



なんだそれ。

一体それをどうするというのか、理不尽極まりない。





053

そんないい加減な選出方法に

恐れおののく

我ら姉妹。



精一杯の屈折!




目の前を笑顔で連れ去られていく男の子。

下向いてたのであまり見えませんでしたが

052


バカめ!

姿勢を悪くしないからだ!

などと思いながらも、自分は連れて行ってくれるなと

半ベソかいてました。



数人、選ばれた子供たちが舞台の上に

連れていかれましたが、

泣き叫ぶ子は

「なんだ、こいつは!

 手に負えん、返してやれ!」

と、親元へ返却。

幼児の抵抗に、ひるむ敵。




しかしそれでも

なんでこんなおっかない席なんだと

思いながら顔を上げられない私。

054


一体ギャバンは何をしてるんだ?!

今日は出るタイミング遅すぎやしないか?

遊園地だからか?


と、内心切れ気味の時に

ようやくギャバンが登場しました。



明日へ続きます。


ranking ←応援お願いします。ありがとうございます。



↑このページのトップへ