おそらくその平凡こそ幸せ 猫と家族の日常絵日記

猫2匹、甘えん坊ぺーやんと、猫らしい性格のスミちゃんとの家族の日常の猫マンガがメインになっています。

2006年07月

うちの旦那はプロフィールにも書いてあるとおり


とにかく注意力が足りない。




それはもう、何故そこまで注意力が足りないのか、


探偵ナイトスクープに本気で手紙を書きたくなるくらい足りない。




歩けば壁に当たり、机でスネを打ちつけ、


CDを手に取るとかなりの高確率で床に落とす。





先日は、仕事から帰ってきたと思えば、顔を見ると


鼻血、そして至る所にすり傷。

228





我が家の駐車場は、腰の高さほどの柵があり、


それをぐるりと回って出なくてはいけないのだけれど、







面倒なので飛び越えたらしい。



229



正確には



飛び越えたけれども

着地に失敗したらしい。


230


人に見られなかったのが不幸中の幸いだったようです。


そんなの見られた日には引越しだな。









そして今日もまた、


何が原因だったか忘れるほどしょうもないお馬鹿な言い合いの末、




私の枕に

オナラを染み込ませようと

枕を頭上に掲げ、


股の間に振り下ろした!


231



それは勢い良く

振り下ろした!


232

急所直撃!!





しばし悶絶。



オナゴには分からぬ痛み…。



勢いの加減ぐらい調節できないものなのか。


その姿を見てやっぱり慎重さが足りなさ過ぎるなあと


思うのでした。





いつも応援クリックありがとうございます!微妙に上がってる気がします。

旦那の股間にお見舞いクリック!

↓↓↓          ↓↓↓
人気blogランキング      子供服・子育てブログランキング



娘が歩けるようになってからというもの、


出かけると機嫌が良くなり、いろんなものに興味津々。





どんなお店に入ってもふらりふらりと歩き、


そこら中のものを物色。


224

手当たり次第投げようとする。


目が離せない。



気が抜けない。








そんな娘は、ヨタヨタしながらも


自動ドアへ向かって歩いて行きます。




どこの店でも決まって自動ドアへ


吸い寄せられるように。


222


自動ドアの辺りをうろうろするので、


ドアもガコガコと、開いたり閉まったり。




でも小さいからか、センサーに反応しないときもあって、


危ないな…と思った矢先!





閉まっていく自動ドアへ向かって、

突然スピードアップする娘。

223

この歳にして

自動ドアに挟まりました。


しかしなんとか、

我が家の石油王をお守りすることが出来た!



安心するのも束の間、


周囲の視線と、



『どうして邪魔をするんだ!』


という娘の猛烈な抵抗に遭い、


逃げるように退散。




助けたのに怒るとは…酷いお方…!










家に帰ってトイレに入ってたら


「ばっばー!!」「ばっばー!!」と、追ってきたので


仕方なくドアを開けると、


225

母の心をわし掴みする

会心の微笑み。



控えめに覗き込むその姿…!



アンタ…この歳でチラリズムのなんたるかを

承知しているな!!ニクイやつめ!


ああ…なんて可愛い…!



待っておくれよ、もう行くからね、


と、笑顔につられ出ようとすると


226

見計らったかのように

閉められた!!



どうして?!



私を迎えに来たんじゃないの?!

会いに来たんじゃないの!?!



その笑顔はもしや…



私を誘い出すための罠か…?



今日も真相は闇の中。




いつも応援クリックありがとうございます。励みになってます!

↓↓             ↓↓

人気blogランキング      子供服・子育てブログランキング


215

1歳の誕生日にいただいた木のおもちゃ。


型にあわせてポトリと落とすあれです。




カギまでついています。


最近のおもちゃはすごいもんです。




216

いささか遊び方に問題があるようにも

思いますが…



暴君なのでこれが相応しいのかもしれません。



むしろしっくり。







でも、たまには製作者の意図に沿った


遊び方もいたします。


217

○の型限定ですが。


入れては出し、


入れては出し。


取り出しやすいように最初から箱を開け放し。



○以外は存在しないかのような扱いです。


持たせてみたけれど、どうも他のは難しいようで…



難易度


 ★

 ★★★★★

 ★★★


娘の現在のレベルはこのようになっております。




延々と○で遊んでいたんですが、


218

『やれ!』との命令が下りました。




219

娘と同じように、入れては出し…


を、していると








『ばーん!』と娘自ら

効果音を発して蹴りが!

220

は…はやく足をどけてください…




おっかない!おっかない!


フタを足で閉めるとは想像だにしなかった!


私に何をさせたかったのか未だ分からず。





いつも応援クリックありがとうございます!励みになっております。

今どちらも心臓に悪いポイントなのでポチリとくださると嬉しいです。

↓↓             ↓↓

人気blogランキング 子供服・子育てブログランキング



アンケート撤去いたしました。

ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。

我が家の女王は、最初こそ嫌がったものの、


靴を履くのが好きです。




210


今日もおでかけすべく、


娘を玄関へ連行。





外へ行くと気付くと、

『早く!早く靴を履かせて!』


と、せがみはじめました。





ここからは暴君の機嫌を損ねないためにも


かなりの手際の良さが要求されます。



211

素早く娘を降ろすと、



その勢いに続けとばかりに

212

背中から前へ

回ったバッグによる

フック炸裂!



213

乳幼児をかかえる母のバッグは


思いのほか重かった!





※暴君に対し、反乱を謀った訳ではございません。


いくら虐げられようと謀反は企てません。






前も後ろも頭を強打した娘は、


その夜もまた…


214

旦那の尻に

吹っ飛ばされました。



またも前後とも頭を強打。





突然の出来事だったので、


幸いなことに旦那の屁のオプションはつきませんでした。




ごめんよ娘。




クリックいつもありがとうございます!応援励みになってます。

↓↓↓          ↓↓↓

人気blogランキング     子供服・子育てブログランキング


平日、昼間は大抵実家に帰ります。





そして夕方になると、時々娘を連れて


ベビーカーで散歩に出かけるフニャコ母と祖母。

205


機嫌よく出かける娘。




後姿をしばらく見送っていると、


立ち止まったまま長い間動かない。

206


なんだろう…?



近所の猫でも居るわけでもなく…。


何かワイワイ喋る一行。







帰ってきた


母50代にして天然に何があったのか聞いてみると、



嬉しそうに語りだした。

208

「賢いのよ~。




ウ●コに

挨拶するの!」



えっ?




「『ウ●コさんに挨拶しようね』って、いつも教えてたら、ちゃんと覚えて、必ずするようになったのよ~」


「もう、白くなってカチカチなのに、分かるのよね…偉いわよねえ」


197

何故ウ●コ!


外には他に教えるべきものが沢山溢れているというのに!



軽くショックを受けましたが


まあ、偶然だろうと思い、次の散歩について行きました。




すると、以前立ち止まっていたところが近づくと、


騒ぎ出す娘!



娘「ん!ん!」


指差したところで止まると、

207

すごい勢いでお辞儀!



ウ●コを崇める娘!



水分が抜けきり、

今まさに土に還ろうかという

ウ●コに向かって



何度も何度もお辞儀!



そのしつこいまでに

へりくだった背中…


まさにうだつの上がらない

平社員そのもの…!



ああ…!



なんだ…




このえも言われぬ悲しさ…





ウ●コ>娘>フニャコ家



と、いう新たな勢力図が出来てしまいました。



まさか、ウ●コに負けようとは…。






そんな私の気持ちなど知らずに、


フニャコ母「この曲好きみたいなのよ~」


と言って、


小柳ルミ子の『乾杯!』をかける母。


209

それにあわせて歌って踊る娘。


ばっちりだ…


歌うところもばっちり合っている…。




昭和のにおい漂う娘。渋すぎる。




いつもありがとうございます!!とても励みになっております。

↓↓        ↓↓
人気blogランキング  子供服・子育てブログランキング



旦那が仕事疲れでゴロゴロしている横で


娘とお絵かきをしていました。





描けと言われ、描いてるのに去っていったり、


お絵かきボードをひっくり返されつつも


娘のSっ気に負けずにつきあっていると…


194

私達を目掛けて放屁。


全く進歩のないこの男。



195

死をもって償うがいい!





まあ、このぐらいは日常茶飯事なのですが。








娘は、歩けるようになってから、


一日一日、歩くのも早くなり


足がしっかりしてきたように思います。







歩いている途中、父という壁があると、


股の間を抜けていくようになりました。



わざわざ間を通る娘。



196





ブッッ!!


197

?!


何をした!!


愛する娘の頭に…!





ただでさえ汗をかき

すっぱいニオイを

漂わせる娘の頭に…




止めを刺しおった!



azsx

もはや

死罪など生ぬるい!



家系図からも

抹消してくれよう!



…なんでこうもオナラを人に向けたがるのでしょうか。


娘に向けられるというのが理解できない。





停滞中なので応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。

いつも励みになっています。ありがとうございます。

↓↓↓             ↓↓↓
人気blogランキング      子供服・子育てブログランキング


以前も書きましたが私は虫全般嫌いです。



道端を歩く時、草むらからは1mほど離れて歩きます。


「人の方には虫からは近寄らないよ!逃げるよ!」


と、言われたこともありますが…




私が歩く気配により、

近くに居る虫が草むらの奥へと跳ねるということが…


虫の存在を察知してしまうということが嫌なのです。



とにかく嫌。




つい先ほどの話です。

旦那が宴会で帰宅が遅くなるということで、

晩御飯を実家で頂いて、更に風呂にまで入って帰りました。



後は寝るだけ…と

玄関にカギを挿す直前に違和感を覚える私。


187

おかしいぞ…


この取っ手って、装飾が施されていたっけ…?



いぶかしく思い、隣の家のドアの取っ手を見てみると


無い…!

そのようなものはない…!


こんな安アパートのドアノブがデコレートされているはずなかった。




では



何だ?!



最初の時点でうすうす感づいてはいたのですが、


…認めたくなかった…






アマガエル。


フニャコ「ぎょえー!!!!」


汚い叫び声を発し、うろたえる我。

「キャー」とか言う可愛い悲鳴はそれが似合う

オナゴらしい子しか許されまい!


世の相場は決まっている!



そして私が叫ぶ度に、

その声に驚いてビクッとなる娘。



…しばし、

どうやって入ろうか考えたけれども、


カエルがどかないことにはどうしようもない。


189s

引けた腰つきで、持っていた紙おむつの袋をドアに当て

威嚇するも反応無し。


そして今一歩、近くに当てられない!


当てた瞬間に飛ぶのも怖い。





動く気配の無いカエルに狼狽。

なんと胆のすわったカエルよ…!!


このままでは家に入れない…!!



実家に電話して、ばあちゃんを呼んで開けてもらうか?


それか、もう、実家に帰って寝てしまうか…!?


道を散歩してる人に頼んでおっぱらってもらおうか…?




否!

大の大人がカエルに振り回されるなどありえない!

あってはいけない!

子子孫孫に至るまで笑われる…!!



その辺の石ころでも拾って投げてみようか?

いや、石を探してるだけでも他のカエルと遭遇する可能性は高い。



そうこう考えていると、

道路を車が行くたびに手を振る娘。

188

ああ…癒される…



いやいや!

そんなのんきなことをいってる場合ではない。


かなり深刻度は高い!


お風呂に入ったのにもうすでに汗だく。


ん?

189

お…おお…!!


希望の光が見えた…!自ら動き出したか!




と、思うもつかの間、ぴたりと止まりました。

ぬぅ…ぬか喜びさせおって…!



もはや、このカエルの動きを見守るしかないのか…!



すでにもう20分ほど経ちました…。

このこう着した状況が苦しく、何度か

「ええい!入ってしまえ!」という衝動にかられましたが

私にその勇気はありませんでした。



緊張し疲れて、少し後ずさったら

190

すぐ斜め後ろの柱にもアマガエル!


油断した!


191

これぞ前門の虎、後門の狼!!


一瞬たりとも気が抜けない…!




ああ…


腕も疲れた…


暑くて汗だくだ…




でもカエルと触れ合うくらいなら

娘のウ●コにまみれたほうが数倍ましだ!!


誰か私をウ●コ風呂へ!!


と、思考回路もおかしくなってきたところに


じりじりと動くカエル。


189a

おおお!!


いいぞ…!あと一息!



じわじわと遠のくカエル。


50cmほど離れたところですぐさまカギを開け、

家に飛び込む!!



勝った…!

長い戦いの末、

勝利した…!


負けてるんじゃ…という声は聞きません。

もうほんとにまいった。

カエルのことしか頭になくってこんな記事しかかけなかった。


虫が恐くなくなる催眠術でもかけて欲しいなあ。



いつもありがとうございます!今日も応援クリックしてくださると嬉しいです。

↓↓           ↓↓
人気blogランキング  子供服・子育てブログランキング

義父が昨年末に他界いたしました。



その時の旦那の落ち込みよう…

どう接すれば良いのか分からぬほどでした。



そして、まだその心の傷が癒えぬ肌寒い頃。




…旦那の実家でのお話です。








廊下を歩いていると、

183


旦那の姿が見えました。




いやに静かなので、


気になって覗きこむと…






184

無言で霊前の前に座る

旦那と義弟の姿。


185

その姿がとても切なく、心苦しくなる私。




まだまだ若かったのに、


とてもつらいだろうな?!

184a

・・・・・?!!




シュッ…??

185a


何だ…?!


それは何の儀式だ??


そんな弔い方ってあったっけ?



気になって部屋に入ると、



186

パンチの風圧で

ロウソクの炎を消していた!



あ な た 方 は お 幾 つ で す か?





消えるとまたライターで火を灯す。




私のしんみりした気持ちはなんだったのか。







やはり兄弟。血は争えません。


でもこの頃はこんなことをしながらもやっぱり辛かったようです。

…と、フォローしてみる。




いつもありがとうございます。応援励みになっております。

↓↓           ↓↓
人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング


大雨被害、深刻ですね。

じっとりむし暑い梅雨。



当然娘の頭はウェットヘアー。

犬が雨に濡れたようなニオイが漂ってきます。

うーん、かぐわしい。



過去の記事で、娘が私のことを

「たーたん」 (おかあさん)

と呼んでくれた…と、書きましたが、



残念なことにそれはその日のみに留まりました。

派手に騒いだのにこの結果。ガッデム!



その後、私を呼ぶ名は…



「ばっばー」


182


・・・・・・・・・。


それは一体どこから来た言葉かね?



人という人はすべて

「ばっばー」


まあ、私のことを呼んでくれるだけでも

よしとしましょう。




そんな成長著しい娘に、

次々と芸を仕込む旦那。


177


完全にマスターしてしまいました。




そして娘もお気に入りはこれ

179

座った状態から後ろへ倒れこむ。



当然、布団の上でしかやりませんが、


倒れることに快感を覚えた娘。



旦那が何もしないでも、微笑を浮かべて

バタリバタリと倒れるようになってしまいました。


180

時折目測を見誤っていますが。




そして今朝、娘が起きた気配を感じ、


私も起きなければ…と目を開けた




その瞬間!




181

避ける術もなく、

口の上にクリーンヒット!


い…痛い…!


ガラスの歯茎から出血が…!




わざとだ…!

わざとやられた…!!


今現在、布団の上は無法地帯

ニヤニヤしながら倒れこむ小猿が放たれています。

たいそう危険。




いつも応援クリックありがとうございます!励みになっております。

↓↓           ↓↓

人気blogランキング    子供服・子育てブログランキング



ご存知の通り、

うちの娘は凶暴です。

このまま成長していくと、

一国を滅ぼしてしまいそうなほどに凶暴です。

そんな娘が大人しくなる瞬間が…

実はあるのです!

それは…

158

紙おむつを噛んでる時。



全くもって、この嗜好は謎ですが、

オムツを替える時など、効果は抜群です。



おとりの紙おむつを渡し、それを噛んでいる時に

替えてしまえます。

甘い!まだまだ甘いものよ!

歯が生はじめたころの話ですが、

口コミを参考に調べつくした挙句、人気の歯固めを幾つか購入しました。

「評判どおり買ってよかったです!」

「大好きでいつも持っています!」

など、良い意見ばかりでこれは良い買い物をしたぞ、

さぞ喜んでくれるだろう…と、うきうきしながら

娘にプレゼントすると即、投げ捨てられました。



多少でも、「これはなんだろう?」と

歯固めと向き合う時間を与えて欲しかったです。


それさえも許さない娘。



159

そして、やはりオムツを喰らう。


力の限り噛み締める!


歯が折れたり、オムツが破れるんじゃなかろうかと

心配するほどの力で!



オムツの袋から次々と引っ張り出し噛んでいくので

ヨダレにおしっこサインも次々反応!


もはやどれが使用前か使用後か分からない…!


仕方なく片付けながら臭いを嗅ぎわけ分類する私。





歩くようになって、昼間は時々パンツタイプのを使ってます。

先日、履かせていたら

自分でひっぱって履こうとしました!すっごい成長だ。

160

しかし途中で突然オムツに

咬みつく!!


そしてそのままストップ。


ゼンマイが切れたかのように停止。



どうした!?


何があった?!


明らかにその姿はおかしいぞ!




まだまだ謎の行動ばかりの娘ですが、

成長しているようです。



01 ←息切れ気味の私に愛の力をプリーズ。



お察しの通り絵が手抜きです。手抜きだとも!

それを文で補おうとしてるのがバレバレだとも!

これから時間無い時とかこんな感じになるかと思いますがよろしくお願いします。

お絵かき大好き娘。



154


描いてもらうのも好きで、


よく色んな人へ「描いて」と、持ってきます。





磁石のペンで描け、


サッと消せるあの優れ物。







フニャコ「じゃあ、ワンワン好きだから、

      ワンワン描こうか~。」



155



な…何ィ…!!




156


どういうことだ…?!



・・・・・・・・。



ワンワンが嫌だったのか?







気を取り直して、


うーたんを描いてみようか。







157

!!?



い…痛っっっ!



酷っっ!!




な…何故に…?!




描かせておいてその仕打ち…!





何が気にいらないんですか!?


どうしろと…?!!



冷徹かつ理不尽極まりない娘の行動に

翻弄される母。



…無情…!!




こんな残酷なことをしながらも、


笑顔で一瞬にして許される乳幼児とは怖ろしい生き物よ!!




01 ←応援クリックいつもありがとうございます。

励みになっております。