おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹、甘えん坊ぺーやんと、猫らしい性格のスミちゃんとの家族の日常の猫マンガがメインになっています。

2007年09月

ホームセンター内をうろうろしていたときのこと。


一番向こう側にある便器の前を通る直前、



突然開いたフタを見て飛び上がる旦那。


人が前に来るとセンサーが作動し、

開くようになっているようだ。


しかし、なんと恥ずかしい動き…


ここ数年、旦那のこんなに

素早い動きを見たことがない。


さぞ、肝を冷やしたことだろう。


娘も少しだけ焦った様子だったが、それは

旦那の動きに驚いてのことだった。



あれこれ言い訳をする旦那。

「誰だって驚くだろー!!」


「私は驚かなかったじゃない」


私は腹を抱えて笑いながら、心の中でつぶやく。


―――そう、

私は驚かなかった。


何故か?




私も以前ここで同じ目に遭っていたから。


音も無く開く便器のフタ。


間違いなく寿命を縮めた気がした。




旦那と違っていることといえば、

私は娘以外、誰にも見られなかったということ。


旦那は他のお客さんにばっちり見られて

声を殺して笑われていた。




しかし、娘は動じないなあ…。



▼面倒なのにいつもありがとうございます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング




プロバイダからモデムが送られてきた。


古いのと交換しなければいけないらしく、

慌ててとりにいって使っていたのを配達の人に手渡した。


少し問題があって、線を繋ぎかえるだけではダメだったのだが

こういう作業がとてつもなく苦手な私。


しかし今夜、必ず送らなくてはならない

お仕事のメールがあるのだ。


今、してしまうしかない。




甘えん坊娘、私と絡みたくて仕方ないようで、

どうにかして遊んでもらおうとしてきた。


今夜は旦那がいないので娘を見ていてもらえない。

椅子に突っ伏したまま部屋を移動していたのだが、

そのまま突っ込んで来おった!



「大事なことしてるから邪魔したらダメ!!」


と、何度も言うが、側に来てチョロチョロする。


作業にいっぱいいっぱいになってしまい余裕のない私。


イライラして娘にきつく言ってると、


娘が謝りだした。


何度も何度も「ごめんね」と言う。


それを聞いて、もうちょっと良い対応のしかたがあったはずなのに

感情的に怒ってしまったことを後悔した。


娘は邪魔をしてやろうという気持ちじゃないのに。

ちょっとだけ相手してほしかっただけなのに。


私が娘に謝っても、「ごめんね」と言う娘。


娘と同じように、こちらも謝り続けた。

「イライラしてごめんね。あぱに当たってごめん」



私の気持ちが通じたのか、「ごめんね」が止まった。


そして次に口を開くと…

ものすごく責められている。



しかも、


結構しつこい。


もういい!もう言うな!

そこまで言われると逆に複雑な気分だ!



作業は無事終りました。





▼応援ありがとうございます。励みになってます!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング







娘は風船が大好き。


今日、電気屋へ行ったのだが、

ここの電気屋は必ず子供に風船をくれる。


それを知っているので電気屋へ着くと、テンションが上がる娘。



しかし、店内をまわっているうちに気がかわったのか、



風船拒否!

あんなに楽しみにしていたくせに。


せっかく渡してくれようとしているのにごめんなさい店員さん。


変わりに私が受け取った。





…つもりだったが、ひもを握りなおして

いるうちに飛ばしてしまった!

最悪だ。



なんだこの客は。


娘は嫌がり、大の大人が受け取りそびれるこの始末。


ごめんなさい、風船もろくに持てない大人でごめんなさい。



家に帰って、『ごっこ遊び』に

新たな遊びが追加された。


「電気屋さんごっこ」


この頃娘は、その日に行ったところへ

ごっこ遊びで行くのが恒例となっている。



電気屋さんごっこでのメインは風船。


店員である私が風船を渡すフリをすると、


飛ばしてしまうフリをする。



これを少なくとも10回はするようになってしまった。


…勘弁してください。





▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング





物の名前など、何でもかんでも聞いてくる娘。


それのおかげか、ひらがなも幾つか覚えていたりもする。




今日、ひらがなの表を見ながら、

私に教えてくれた。


違ーう!



残念!お嬢さん!間違いです!


更に、

例えの一文字も合ってない!

すべてが噛み合っていないぞ!



「これは『ぬ』よ」

と、教えたら、


「『ぬ』?たーたん、とえ、『ぬ』よ!」


と、逆に教えられた…。




ひらがなのボタンを押すと、それを発音する

ひらがなの練習ボード。

機械音につられて娘もロボット風。




▼応援ありがとうございます。励みになってます!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング




本日の記事は昨日の記事の続きです→コチラから

---------



実家から送られてきた人形、喋る喋る。


あまりによく喋るので、この人形の性格のようなものが見えてきた。


必 要 な い!

そんなものわざわざ作ろうとするな!

便所へ一人で行けないタイプか!?




娘の昼寝の時間。


昨日のように大きな声で喋られては困る。


どうやらこの人形は『お腹をポンポンと叩くと寝る』

らしいので、お腹を叩いて眠らせた。


よし、きちんと目も閉じた。寝たんだな。



娘も眠ったので、人形のマニュアルを読んでいた。



ね…寝言だと…!?


眠ってなお、喋ると申すかー!!


そこまでして喋らないでくれ!

そんな妙な作り込みなどきっと誰も望んでいない!



そしてスイッチを探し、人形をまさぐっていると、


起 き た。


起きたあと、見た夢を喋ってくる人形。




この人形は、甘えんぼというかなんというか、

結構図々しいことを言ってくる。



…うーむ。さすが対象年齢12歳以上。



や、でも、娘は抱っこしたり話しかけたり本来の遊び方もしております…。





▼応援ありがとうございます。更新の励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング




実家の母から娘に人形が送られてきた。


これがまたよく喋る。


1000語以上も喋るというから、

そりゃもう放っておいても一人喋っているのである。


人形が喋ると娘もよく話をしている。

ほとんどかみあってないことが多いが…。




娘が昼寝をし始めたときに、

大きな声で人形が喋りだした!

ふ ざ け る な!


歌って良いはずがなかろう!!



しかし人形は、返事を聞かずして歌おうとする。


それなら聞くな!!


というか、そもそも歌うな!

娘がせっかく寝ついたところなのに起きてしまうではないか!


慌てて人形に駆け寄る私。

どこがスピーカーなのか分からず、


平常心を失った私は

顔面やら頭を押さえてみたりしていた。

スピーカー部分を見つけられなかった私。



そして、

ついに歌い始めた人形。


もうこの人形を止められない。


そう悟った私は、人形を小脇に抱えて走り出した!

そうして、一番遠くの部屋へ隔離。


しばらくここでいたまえ。




対象年齢12歳以上の人形。

あと10年か…。





▼応援ありがとうございます。更新の励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング






無類の虫嫌いフニャコ。


一番嫌な季節が来た。


公園の草は青々と生い茂り、

それと同じように日に日に大きくなっていくバッタ。


「公園行く」という娘の言葉を聞くのが怖い。


しかし私のそんなあまりにも情けない理由で公園行かないなどと

言うわけにはいかない。どんどん自然と戯れておくれ。



ということで、短パン+サンダルから

ジーンズ+スニーカーに着替えて公園へ向かう。


まれに、間違えてか人間の方へ飛んでくることがあるため

油断はできないのだ。


肌の露出は極力避けねばならない。


顔まわりもしっかりガード。


公園の遊具まで、10メートルほど。

どうしても草の上を歩かなくてはいけない所がある。


途中、バッタに遭遇してしまう可能性が高いので、


三段跳びのようになるべく地に足をつけないように

大きな歩幅で一気に遊具まで走るのだ!

見てしまわないように目はこれ以上だと見えないというほどの薄目。



いつも可愛がってくれている近くのお姉ちゃんと遊ぶ娘。


それを見守るにも、あまりに草が茂っているために

落ち着いていられる場所がない。


自然と体が堅くなり、少しでも体を隠すために腕を組む私。


「え…いやね、虫がね…」



…このポージングが?




この時期はそれはもう、身なりも動きも怪しい私。


怪しくてもいい。虫から身を守るためならば。





▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

メールのお返事もう少しお待ちくださいー。

遅れててすみません。



夜、テレビで放送されていたSASUKE。


時間内に数々の障害を越えていかなければならないあの番組。



挑戦するムキムキの人を見るたびに

「ああいう体になりたい」


という旦那。


良い話だ。応援しよう。



尊敬のまなこで鋼のボディを見ていた旦那、

自分の体の筋肉をチェックしはじめた。



部分、部分で筋肉に力を入れてチェック。

「見て!これ見て!」

と言われるが、残念なことに脂肪の鎧を装備しているために

特に腹筋あたりは筋肉の動きは見えない。


頑張りたまえ。



しばらく筋肉チェックをしていた旦那、


…肩ってつるのか…。

いつもいつもこういう時は、必ずどこか筋肉がつっているので

またかと思い眺める私。



娘「おたーたーん!!!」


隣の部屋から私を呼ぶ声がする。


ちょっと情けない旦那を置き去りにし、娘のところへ行ってみると、


旦那と同じくテレビに触発された人がここにいた。


…まぎれもなく血統…。





▼応援ありがとうございます。励みになっております。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

メールなどの返事遅れていてすみません!

もうしばらくお待ちくださいませ。

レジごっこをしていた娘。


必死で私を呼ぶ。



何事だろうか。


そして電卓を指差して何かを訴えてきた。


それはどのようなものだ…?


私の頭の中を柔らかそうな

パンツの類のものが浮かんでいく。


私「ソフトパンツを買ったの?」


娘「ちやうちやう(違う)!ちょふとぱんちゅ!」



!!


ソ…

私の答えを聞き、嬉しそうに頷く娘。


正解だ!


後でソフトバンクのパンフレットを見せると

「ちょふとぱんちゅ」と言っていたので間違いない。


イコールがソフトバンクのマークに見えるとは

どれ程ソフトバンクを愛してるのだ…。


いや、それよりそんなことをいつ覚えたのだろうか?

そんなことを教えた記憶がない。



そういえば以前、娘は「ほっとぱんちゅ!」と連呼していた。

しかもはっきりとホットパンツ…。


そんなアイテムが私のクローゼットの中に入っている訳がない。

私が着用すると職務質問されそうなシロモノを持っていようはずがない。

よってホットパンツなど知るはずもないのである。


結局それは分からずじまいです。




▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

-----------------------

メールのお返事遅れててすみません。もうちょっとお待ちくださいね!


娘と散歩中、

ガーデニングをしている家の前に立ち止まった。


娘は花が大好き。


以前、ヒマワリの名前を教えて覚えたからか、


目を輝かせて目の前の花の名前を聞いてきた。


『それはわかっている。花の名前を聞いている』


口にしなくとも表情がそう物語っていた



…ごめん、分からない!


情けないことに虫が苦手なため、ガーデニングをしたことがない私。

花の名前はというと、チューリップとかパンジーだとか、

小学校で習ったようなものしか分からないのだ。



期待外れの返答を受けた娘。


気を取り直したのかどうなのか分からないが、

再び聞いてきた。


そして色へ逃げた。



そう。確かに間違ったことは教えていない。


だ が そ う じ ゃ な い ん だ。


突き刺さる視線。



「お母さん名前分からないなあー。ごめんね」


知りたいのに教えてあげられなくてごめん娘。


…調べときます。




この記事の花の絵に有り得ないような花があったとしても見逃してください(笑)


----------

中傷コメント対策のため、このブログは携帯からコメントできない設定にしてあります。

携帯からアクセスされている方にはご迷惑おかけして申し訳ありません。

プチメなどからお気軽にメッセージくださいませ。



▼応援ありがとうございます。励みになってます!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング
----------

メールのお返事遅れててすみません!

あと、1、2週間あたりはなかなか返せないかもです。

もうしばらくお待ちくださいませ。




お風呂を出る時は

10まで数えさせている。


「ごーお」


「ろーく」


「ひーち」


「はーち」


「きゅーう」


テンポ良く数え、最後の「10」の時は

ひときわ大きく歯切れが良い。


しかし、毎回こういう風にはいかないのだ。



「いーち」


「にーい」


「さーん」


早っ!!

4で打ち止め。



10を数える時のような具合に、

終わりっぽく叫んだら良いと思っているようだ。


いつの間にやら娘の中でマイルールが出来ていた。


こういうことで、10まで数えられることは半分くらい。

いつも適当な数で強制終了している。


今晩なんて



「2!」


だった…。

それはいくらなんでも無理があると思った。



▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング