おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹、甘えん坊ぺーやんと、猫らしい性格のスミちゃんとの家族の日常の猫マンガがメインになっています。

2012年02月



引越しに向け、せっせと荷造りに励む日々。



引越し業者さんからいただいたダンボールは半分がリサイクル品。

以前引越しで誰かが使ったもので、比較的キレイなものを再利用するらしい。



引越しのダンボールの箱には、中身と置く場所が分かるように

記入するところがあるのだが、

リサイクルのダンボールなので当然前の人が何か書いているので

それをマジックで塗りつぶしたりして使う。



箱を組み立て、ガムテープを貼り、

前の人が書いているのを消そうとしたのだが


おそらくその平凡こそ幸せ





この箱に何が入っていたのかが

ものすごく気になる。


おそらくその平凡こそ幸せ


なんだこの内容物は!?


まったく分からない!そして気になる!

4つの足で察するに命があるらしきもののようにも見れるが

直線的な顔にうつろな瞳、そして謎の模様が私を混乱させる。

私の知っている生き物ではなさそうだ。




そしてそれの搬入場所はキッチン。

おそらくその平凡こそ幸せ

げた箱に置こうとして、「あ、やっぱりキッチンにしよ」という感じだろうか。

いやいや、それとも『げた箱』というのは前の前の人という可能性もある。


キッチン・・・。


もしや食用・・・?




妄想は膨らむばかりです。









応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  









ツイッターでは昨日リツイートしてましたがこちらでもお知らせを。


出産子育て支援コミュニティサイト、すくパラ倶楽部にて

ほのぼの子育て4コマ、昨日フニャコの4コマがアップされています。


すくパラ倶楽部 (※閲覧は登録が必要です。登録無料)



「これだというもの」



PC
http://sukupara.jp/manga/

携帯の方はコチラから↓
http://m.sukupara.jp/diary_show.php?id=22546884&user_id=4718


いつだったか・・・・・

随分前に大阪へ行った時の話です





応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  




夜、髪の毛が乾ききってないうちに寝てしまい

とんでもない頭になっていた。


パーマをあててからスタイリングにてこずっていたけど

どうすればこんな頭になるのだろうという頭になっていた。

重力などこの髪には通用しない。



直そうとしたけどあまり直せないまま時間が来て保育所へ。


おそらくその平凡こそ幸せ

気遣ってくれるのか娘よ・・・。




おそらくその平凡こそ幸せ


でもまったくフォローになってない




今、家の中で帽子かぶってます。




人気ブログランキング

人気blogランキング  














応援いつもありがとうございますm( __ __ )m


ダイエットでフラフープを回していると



必ずやってくる二人。


おそらくその平凡こそ幸せ

おそらくその平凡こそ幸せ

回している下を通ろうとする。





やめて!気になる!


回すのにいっぱいいっぱいな私が平常心で回し続けられるはずがない!




案の定バランスをくずしたフラフープは

おそらくその平凡こそ幸せ

娘の頭をかすめ減速し、旦那の顔面で止まった。


おそらくその平凡こそ幸せ

痛い目に遭うのにやめておけ!あきらめろ!





レベル2は足の間をくぐるようです。

もちろん未クリア。





応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  










引っ越したときに里親になるべく昨年末保護猫ちゃんを見に行った。

そこには十数匹の猫ちゃんが。


おそらくその平凡こそ幸せ

入るなり熱烈歓迎を受ける。


乗っかれるところは乗っかかられ、手と頭を舐められ、

膝を見るたびに乗ってる子が替わっているというハーレム状態に

ドライ&クールすぎる実家のクロとの違いに戸惑う。



だが幸せすぎる歓迎もつかの間、

昼寝の時間だったらしく興奮がさめた猫ちゃんたちは

コタツの中へと入っていった。



それなのに。

おそらくその平凡こそ幸せ


旦那だけは例外。

おそらくその平凡こそ幸せ

居心地のよさげなでかい図体の旦那は猫にモテモテ。



後日行った猫カフェでも旦那の膝はモテモテ。

そしてもちろん一番人気が無いのは小さな娘。


娘の夢は膝の上に乗ってくれることと、いっしょに寝ることです。

叶うといいなあ。




応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  













おそらくその平凡こそ幸せ

しみじみしながらみかんを剥き、

白いのをもういいよと言いたくなるほど取る娘。



この前と言っても


『うさぎ組』は2年以上も前。

おそらくその平凡こそ幸せ

そのおっさんぶりにこっちがびっくりするわ!



私が小さい頃は月日が流れるのがものすごく遅く感じたのだが・・・

娘にはとても早く感じているようです。



そんな娘は注文していたランドセルがもうじき届くのを

ウキウキしながら待っています。







応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  







催眠商法2  の続きです

催眠商法1  はこちらから


-----------------------------


20万の遠赤外線治療器は5台しかないらしい。


「お年寄りは身体が痛い場所がたくさんある。

これがあれば病院まで出かける必要がなくなる。

是非お年寄りに使ってほしい。

重いので選ばれた人は家までお持ちします」


間違いなく「騙せそう」という基準で選ぶのだろう。



そしてその5人は指名された。

爽やかな悪い人が「おめでとうございます!」

いかにもめでたいことの様に言い、盛り上げようとする。


その中に私の祖母もいた。


やっとのことでおかしいと気づいた旦那と私。

でも頭が混乱気味でこんな場面になってるというのに

詐欺だとは確信できずにいた。

もし本当に良心でのことだったら疑う気持ちが申し訳ないと、かすかに思ったりもした。

でもやっぱり変じゃないか!?という気持ちがだんだん大きくなっていく。


多分ここにいた皆そういう感じだったのだろう。



そして指名された人以外はその場でお開きとなった。

白い紙袋を提げた人がぞろぞろと帰っていく。



もう夕方だった。


私は夜勤の時間も迫っていたのでもう帰らなくては間に合わない。

小声で旦那と会話を交わした。


旦那「契約せずにつれて帰るから帰ってて!」


おそらくその平凡こそ幸せ

急いで帰って仕事に行く私。


後で旦那と祖母から聞いたのだが、

もらったものを全部置いて断って帰り、

幸い引き止められることはなかったそうだ。
おそらくその平凡こそ幸せ

そして祖母をフニャコ家へ送り届けて旦那も自分の家へ帰っていった。



旦那は祖母を帰すことに精一杯だったらしく他の人までは

手が回らなかったらしい。

ご近所の人に聞いてみたが、結局被害に遭ってしまったという人は

聞いていない。誰もいないなら良いのだが・・・。

相手の強引さがなかったので不幸中の幸いだったのかもしれない。



翌日、仕事から帰り祖母と話をした。

母がよく肩凝るので買ってあげようかと思ったらしい。アブナイ。



私も旦那も、あの場所を離れてみてはじめて冷静に考えることができた。

後になって、アレがおかしかった、コレもおかしかったと気づく。

詐欺だと思わなかったことが不思議でならない。



職場でこの出来事を話すと、

「おばあちゃんが体育館につれていかれて布団買わされかけた」

という人もいた。そんなメジャーな詐欺だったのか・・・。



旦那の分もあわせ、持ち帰ったばらまきの品。

貰ったものを全部は思い出せない。タワシが入っていたことは覚えている。

あと、大き目の箱のものは、りんごを刺し、ハンドルをぐるぐる回すと

皮がむけるというものだった。でもその後使った記憶は全く無い。





後々ネットで調べてみると全く同じような例が沢山ありました。

この催眠商法はSF商法とも言うそうです。


是非おじいちゃんやおばあちゃんたちには気をつけるように

言ってあげてくださいね。

狙われるのはお年寄りだったり、主婦らしいです。



・・・なのにひっかかっていた私と旦那。


いやもう、『タダほど怖いものはない』という言葉そのままでした。

プレゼントに釣られてついていってお恥ずかしい限りです。




催眠商法の話おしまいです。




応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  







催眠商法の話 1    の続きです。


---------------------------------


コワモテのおじさんが現れたが


『来月開店の百円ショップの宣伝&粗品をもらいに来た』

と信じて疑わなかった私たち来場者。



素直にオープンするというお店の宣伝を聞く。


お店の場所は駅前。細かく場所も言っていた。


そしてなぜこんなにも商品を無料でプレゼントするのかを

有名な会社を何社も引き合いにして話す。


おそらくその平凡こそ幸せ

最初に赤字になろうともお店の良さを知ってもらえれば後々儲かる。

もちろん我々は苦しいですが、お店のことを良く知ってくださいね。


というようなことを冗談も交えながら喋る。



この部屋に並んでいる沢山の商品は明らかに100円で買えない

と思われる商品もあった。



それについても説明がはじまる。


コワモテ「我々は既存の100円ショップと同じではなく、

1000円、2000円均一というコーナーも設ける予定なんです」


なるほど。だから100円では買えないような商品も用意してるのか。


私たち参加者は「こんなものまでもらえるのか…!」という期待につつまれていた。



コワモテのおじさんの話は数十分ほどあっただろうか。

ようやく終わると、皆が待ちに待った粗品のプレゼントが始まる。




だが、普通にはもらえないらしい。


元気に手を上げて返事をした人に配ると言う。

返事の練習もしたように思う。
おそらくその平凡こそ幸せ


まずは安い商品から。


元気の良かった人へ商品を投げてくる。


皆の手元には商品が増えていき、横から爽やかお兄さんが

商品を入れるための大きい紙袋をそっと配る。



これを繰り返し、次第に異様な雰囲気になっているこの部屋。

いや、ここへ入った時点で帰りづらい雰囲気になっていた。

実際、途中で用事があるから・・・と抜けた主婦の人は

ものすごく言いづらそうで申し訳無さそうにし、

閉められていた扉を面倒くさそうな顔をしたお兄さんに開けてもらい帰って行った。


この空気を壊すのは良くないという雰囲気。



時間もかからないとのことだったが、すでに1時間半以上経っていたと思う。


少し高そうな大き目の箱を投げるようになってきて

皆も自分に投げてもらいたいという気持ちが強くなってきたところへ


演歌歌手のポスターを広げたかと思うと

おそらくその平凡こそ幸せ

さらりと真打登場。

おそらくその平凡こそ幸せ

これはどういうことだろう・・・?





どうもこうも、今となっては何故もっと早い段階で気づかなかったのかが不思議。


次で終わりです。

催眠商法の話 3 へ続く。




応援いつもありがとうございます。

カテゴリが育児100%では変な感じなので「育児日記」と「絵日記」にしました。

また内容次第でカテゴリ変更していく予定です↓

人気ブログランキング

人気blogランキング  











節分と言えば鬼。


おそらくその平凡こそ幸せ

おそらくその平凡こそ幸せ

おそらくその平凡こそ幸せ

鬼などいない。



昨年末から夫婦でダイエットをしていて

めんどくさがりの二人だがiPhoneアプリに助けられて続いている。


5キロ痩せた旦那は相変わらず

「もうそろそろ8つに割れた腹筋が顔を出すころだ!」

とほざいているのだが、たとえあと10キロ痩せたとしても

『肥満』なので割れた腹筋は生涯お目にかかれないかもしれない。





少し痩せたので、調子に乗って腹筋だけでなく背筋まで言うようになりました・・・。





応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング  








10年以上前に催眠商法というものを知らずホイホイついていった話です。

まだ結婚前で、私の実家に旦那が遊びに来ていました。


--------------------



丁度お昼過ぎ頃、爽やかなお兄さんが家のチャイムを鳴らす。
おそらくその平凡こそ幸せ

来月、駅前に100円ショップをオープンさせるらしく、

それの案内と、台所用品をいただいた。



一人でも多くの人にお店を知ってもらいたい。

粗品を人数分プレゼントする用意してるので前の道路へ出てきてください。


とのこと。




さらにくれるというのか。気前がいい100円ショップだなーと思いつつ

お兄さんが去った後、道路を見てみると数人の近所の人が路上で

粗品を貰っていた。


みんなも貰いにいってるなら・・・と、祖母もやたら来るようにすすめられたので

旦那と私、祖母と3人で道路へ出た。




先ほどのお兄さんに愛想良く語りかけられ、それぞれ粗品をいただく。

オープンしたら行きますねと言い、帰ろうとしていたら


「もう少し商品を用意してるんですが置き場所が・・・(ゴニョゴニョ)

 あ!あちらと合流しましょう。少しだけお時間いただけますか?」



合流?

指差す先には別のお兄さんに連れられてる数人がどこかへ向かっていた。


何か話が違って来ていたしもう帰りたかったけど、頼み込まれたので

貰ってこのまま帰るのも悪い気がして少しの時間ならとついていくことにした。




着いた先は、数十メートル歩いたところにある民家の車庫。


肌寒かった季節で、ホットカーペットが敷かれており

靴を脱いで順に座っていく。
おそらくその平凡こそ幸せ

目の前には商品の山。これが配られるのか。



部屋には爽やかなお兄さんが4,5人。

連れられて来た人は30人くらいでほとんどが老人。それと主婦が数人。


「店長がご挨拶に来ますので少々お待ちくださいね」

爽やかなお兄さんが笑顔で言うと




店長と紹介された人がスローモーションかと突っ込みたくなるくらい

ゆっくりと、ちんたらした足取りで前へ出た。

おそらくその平凡こそ幸せ

見るからにカタギとは思えない人が。



明らかに怪しかったのに、その時は一瞬「アレ?」っと思ったのだが

その時それ以上は何も思わなかった。




そしてその店長という人の話がはじまる。






長いので続きます。

催眠商法の話 2




応援いつもありがとうございますm( __ __ )m

人気ブログランキング

人気blogランキング