おそらくその平凡こそ幸せ

猫2匹と家族の日常絵日記、時々猫写真。

Category



毎日のようにつまづいたり
当たったりする娘。

2017-05-18-23-16-08

2017-05-18-23-16-11

2017-05-18-23-16-06





2017-05-18-23-16-03

2017-05-18-23-15-56

2017-05-18-23-15-58

2017-05-18-23-16-01

普段は普通に登れているけど
たまたまバランスを崩したのだろうか…。


スミちゃんは時々、
かなりトロくさいです。


ぺーやん以上に。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー





カーペットにランドセルを置いていると
ぺーやんが乗ってくる。
2017-05-17-21-54-49
必ず何かにもたれたい男。
枕必須ペロ。

2017-05-17-21-54-36
ランドセルをどけて、
別のものにも乗るのか試してみた。
2017-05-17-21-54-45

2017-05-17-21-54-43

2017-05-17-21-54-40
乗った!

2017-05-17-21-54-33
ではさらに難易度アップ!
2017-05-17-21-54-31


いや、そのチョイスはおかしいだろと
思いながら私も見ていた。




さすがに無いと思った。









乗った。
2017-05-17-21-54-28

2017-05-17-21-54-26
ミリ単位でも上に乗りたい男!



さすがぺーやん。
見くびってました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2017-05-16-22-34-47
スミちゃんはぺーやんが側にいないと
ものすごく甘えてくるときがある。

2017-05-16-22-34-44
遠慮せずに存分に甘えるがいい。







ぺーやんを可愛がっていると、
2017-05-16-22-34-41
スミちゃんがこちらを見ていた。
2017-05-16-22-34-38

2017-05-16-22-34-34
ぺーやんはガンガン欲望のままに
甘えてくるけど、







スミちゃんは遠慮することがあるので
2017-05-16-22-34-31
ふたりきりのときは


しっかり愛情を伝えねば…!
2017-05-16-22-34-28

2017-05-16-22-34-25

2017-05-16-22-34-22

近づいたらしばかれた。

2017-05-16-22-34-18
何度顔を寄せても、20センチより
近くと爪出しパンチが飛んできました。


乙女心は難しい…


もしやハンモックからこちらを見ていたのは
羨ましいという視線ではなくて、
「狸と戯れおってこの愚か者が」と
蔑んだ目で見ていたのかもしれない。
「こっち見るな」とか。



甘えん坊だけど、スミちゃんの気分に
かなり左右されます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




暖かくなってぺーやんがベタベタする
回数が減ったと思ったのは気のせいだったのかもしれない。


絵を書いていると気付けば
ぺーやんが膝に乗りに来てる。

2017-05-15-22-14-20


重さのせいで尻の痛み倍増するけど
可愛いので仕方がない。
2017-05-15-22-14-17

時折訪れる…
2017-05-15-22-14-14
伸びタイム!
2017-05-15-22-14-12
手元が狂うのでキックはやめてください。



そして伸びタイムからの
ベストポジション探し。

2017-05-15-22-14-09
背中からお尻にかけてのあたりを
どっしりと私に体重をかけたいらしい。



定期的に伸びタイムが来ます。





本日のキック後↓
2017-05-15-22-24-06


だんだんダレてきて右脇に滑り落ち
ソファに座ってもたれかかってきてます。
2017-05-15-22-24-07


さらに飽きてきてペンにじゃれる。
2017-05-15-22-24-08

昨日のブログの絵を書いてるとき↓
2017-05-15-22-24-39


…お尻が痛い…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



階段前の吊り戸が閉まっていた。


戸の向こうにはぺーやんが。
2017-05-14-21-24-38

いくらぺーやんでも
あちら側からは開けられない構造。
2017-05-14-21-24-45

2017-05-14-21-24-42
以前、スミちゃんが閉じ込められて
いた時の話を書いたことがあった。
スミちゃんが閉じ込められていたので

その時はぺーやんが戸を頭突きで開けた。
a12e4b11


まさにその時と完全に逆の状況!

スミちゃんはどうする…?!
2017-05-14-21-24-29

2017-05-14-21-24-18

2017-05-14-21-24-15
開ける努力などしない!



そして解散。
2017-05-14-21-24-12
ぺーやんは2階に戻っていきました。



スミちゃん、開けようとはしなかったけど
すこし気にはなったようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログへ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップへ