おそらくその平凡こそ幸せ

インドアな主婦と家族、猫の日常絵日記

Categoryレーシック体験談

(お仕事情報)


今月から香川県のタウン誌「TJかがわ」内のフリーペーパー、

ワイヤーママ香川版へ徳島のタウン誌ASAで

連載中のものが転載されることになりました。

今月号は本日18日発売です。

香川県の方、よろしければチェックしてみてください。


----------------------


レーシック体験談 【検査編】

レーシック体験談 【手術前編】


----------------------



開けていく途中、何度も何度も

痛み止めの点眼を大量にさしてくれた。


1本使い切る勢いで。


ありがとうございます。すごく嬉しかったけれど

さすがにそれではまぶたの痛みは取れないようです。


緊張のあまりはっきり手順を覚えてないが、

目に透明のシールのようなものを貼った。

少し頑丈そうな薄いビニールといった感覚のものをぺったりと。


開けるまでは痛かったが、感覚が麻痺してきたのか

開いた後はそこまでのまぶたの痛みはなかった。




目が開いてしまえばこっちのもの。


目を開くことに神経をすり減らしていた私は

肝心の切ったりレーザーを当てる方はあまり印象に残っていない。


手術中、見えていた光が無くなったのと先生の声かけで

「ああ、今切ってるな。」とか分かったが、

全くそれに関しては痛みが無い。


その後フラップをめくり、「まっすぐ上を見ててくださいね」

と何度も言われたが、自分がどこを見ているか分からない。


ぼんやりする視界の中、自分の黒目の位置が

全く分からず、まっすぐ見るという方法が分からなかった。


「目が上のまぶたの方に流れてきてますよー」

と言われて下のほうを見る。



だがレーザーを照射している間は

真っ暗な視界のなかボヤボヤした赤い光が見えたので

きちんとそれを見ていられたように思う。


レーザー照射のときの見え方↓


軽いパチパチっとした感覚が目にあったけどこれも痛みなし。

問題なく終わった。


手術中はとにかく目玉を触られまくり、

圧迫感や違和感はあるものの目の痛みは無い。

そしてそれが見えるのでいい気分ではない。

目をハケのようなもので何かを塗っていたのも見えた。



「手術の痛みは全く無くて

顔のをはがすときだけが少し痛かったくらいです」


と、手術を紹介してくれた方から聞いていたのだが…

確かに顔にでかいシールをはって剥がされた感覚だ。

だが人はこれを痛いというのか・・・?!


私自身は「はがされてるなー」と思うくらいで

まったく痛みを感じなかった。


おそらく目が私のように小さい人以外は

その目を開けること自体全く問題は無いのだろう。




手術後、ぼんやりだが明らかに前の裸眼とは違い見えている。

そういえば右目の手術が終わり、左目をしている時に

すでに右目が見えていた。


レーシックの術後はかなり個人差があって

目をあけていられないといった人もいるようだが

私は当日からかなり見え、ドライアイも無く快適そのものだった。

翌日には手術をしたのを忘れるほど違和感も無い。



ただ、当日は開眼器で四苦八苦していたせいか

両目がすごい腫れていた。


小さい目に磨きがかかっておりました。



翌日の検診では先生や会うスタッフの方みんなに

「痛そうでしたねえー」と言われました。


強度近視だった私が視力検査では1.5と1.2。



レーシックは痛くないとはいえ、やはり手術は手術。

手術前の状態には戻せないのでデメリットの部分も

事前によく調べたり先生の話を聞いて納得した上で

信頼できる眼科ですることをお勧めします。




※今後のフニャコの顔ですが、実際にはメガネの必要は

無くなりましたが、お仕事の都合上メガネのままということになりました。
統一するためにもブログでもメガネでいきます。

もうこれが顔!ということでご了承くださいませ。


▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング










レーシック体験談 【検査編】


----------------------------


手術当日。

手術の時間の1時間前に病院へ。


手渡されたパリッパリの手術着に袖を通し、

名前と手術名が書かれた札を首にかけ、

用意が出来ると点眼麻酔をした。


直前までメガネをかけていたかったが、

頭のをかぶる時に「外してかぶってください」と言われたので

つけてくれているテレビも見えないままボンヤリと待っていた。


私の前に2人受ける人がいたのだが、

1人目の人が手術を終えて出てきた。


スタッフの方に「どうでした?」と聞かれ

「痛くなかったですー」と答えるファーストバッター。


どうだったのか聞きたい。


小学校の時の予防接種の時のように

聞いてどうなるのでもないが終わった人の話が聞きたい。


だがもう三十路。

見知らぬ術後で疲れた人に馴れ馴れしく聞くわけにもいかない。

耳をダンボにしてその会話を聞くだけで終わった。






そしていよいよ私の名前が呼ばれた。


美容院の椅子のゴツイ豪華版のような所に寝る。


細かく体の位置を調整し、頭の周りに固定するような枕を置く。

固定とは言っても動こうとすれば動ける程度のものだが。

これにより頭の位置がフィットした感じだ。


まず目の周りを広い範囲消毒する。


そして歯医者さんの時のように、目だけ開いたものをかけられた。

しかも顔の部分はシールのようになっている。

顔にでっかいシールをはりつけられた感覚だ。


何か分からなかったがぬいぐるみを抱かせてくれ、

点眼などされた。





そして私が手術の時に一番恐れていた目の小ささ。


周りにあるハイテクそうな機器とは裏腹に、

簡単な作りの開眼器。


上まぶたと下まぶたへ当て、先生がねじを巻くことで

開いたり閉じたりするのだが…


やはり痛かった!


最初に行った右目は痛いながらもなんとか済んだが、

更に小さいらしき左目!


必要な幅が開かないうちから

「痛い」という私。


気を遣って緩めながらしてくれていた先生も

困った様子で、


「目尻切開しますか?」



えーーー!!?


何その出産のような感覚!


結構です結構です!

切って開いてなんて想像するだけでも痛すぎます。


慌てた私、

「頑張ります!」


と言って頑張ることにした。



「フラップが作れたら少し緩めてあげるから頑張って」

とのことなのでそこまで耐えるようにしよう。



レーシック体験談 【手術後編】へ


すみません、長くなったので後編へ続きます。

レーシックの話は次で終わりです。





▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング








(2009年2月27日追記)


ニュースで、とある病院のずさんな衛生管理によりレーシック手術で

感染性角膜炎になってしまった方が多くいると知りました。

レーシックは病院によって価格がかなり違います。

安易に病院を決めるのは危険だと思います。

レーシックで一度角膜を切ると、

戻したくても元の状態に戻すことはできません。

本当に信頼できる病院、医師を選ぶことが大切だと思います。

一概にはいえないかもしれませんが、

安さや早さなどを売りにしているところは少し不安に思います。

今回、問題になったのはひとつの病院ですが、

それ以外にもモラルが低下している病院は無いとは言えないと思います。

ただ、良い病院、医師で手術を受けたとしても

全くリスクが無いとは言えません。

以前書いたレーシック記事で興味を持たれた方々から

メールをいただきましたが、そういったことから

どなたにも手放しでおすすめすることはできませんでした。

レーシックに関してはテレビなどでメリットばかり取り上げられてましたが

後悔しないようにあらゆる情報を仕入れた上でリスク、デメリットなども

納得した上で検討されると良いと思います。

少しでも不安があるようであったり、今の生活でも問題がなければ

やめておくのが賢明かもしれません。



----------------------


朝起きてまずメガネをかけないと何も出来ない私。

ASA(アーサ)の元編集長のTさんの紹介で

以前から興味を持っていた

レーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)を受けてきました。

私が受けたのは従来型のレーシックです。


育児と関係ありませんがよろしければ

少しの間おつきあいくださいませ。


---------------------



「痛みが無い!」


ともっぱらの噂のレーシック。



キングオブチキンと言い切ってもよさそうな

胆の小さい私。


痛みが無いとはなんと魅力的なことだろうか。





受ける前にまず手術が受けられるかどうかの検査があった。


コンタクトを作る時の検査のような

気球が見えたり、空気が眼に当たるのとかを一通りしたあと、


「ナントカをはかります」(←緊張のあまり忘れた)


と、眼を直接触るからと点眼麻酔をされた。

しみたりはしなかったがなんとなく重い感じの点眼麻酔。


直接触るとはどういうことだろうと思っていると、

スタッフの方の手に握られていたものは

これで眼をつつくと言う。


中学生のころ、初めてコンタクトを買いに

眼科へ行った私。

コンタクトを入れてくれようとしても

人の指が自分の目に迫る恐怖で逃げてしまった。


コンタクトに慣れてからは全く恐怖感はないが、

コンタクトをしたことのない人には眼を触られるのは

ビビるかもしれない。



事前の適応検査、術前検査で、

これ以外にも結構目玉を触られる。

痛みは全くないが。



それと長い視力検査。


あのオモシロメガネをかけ、正確に測るために何度も何度も測る。

かなり長いので集中力が切れてしまいそうになる。




やる気がなくなったわけではないが、途中すべてが左に見え、

微妙な空気が流れる。


手術前、もっとも気になっていたのは目の小ささ。

友達から「草食動物みたい」と言われたことがある私、

目の横幅が小さい。


ハードコンタクトは小さいので問題はないが

使い捨てコンタクトは黒目より大きいので

入れるだけでもかなり時間がかかり脇汗が流れるぐらいだ。


そんなつぶら過ぎる瞳なので、

手術時の黒目丸出しが不安だったが受けられるようだった。


「ちょっと(目を開くのが)痛いかもしれませんねえ」

といわれた。


その言葉にビビリながら手術編へ・・・


レーシック体験談 【手術前編】へ



▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング

↑このページのトップへ