おそらくその平凡こそ幸せ 猫と家族の日常絵日記

猫2匹、甘えん坊ぺーやんと、猫らしい性格のスミちゃんとの家族の日常の猫マンガがメインになっています。

あぱ


ロフトに登っていた娘が
降りられないと私に助けを求めてきた。
IMG_6807
降りようとするとぺーやんが
噛みにくるらしい。
IMG_6806

IMG_6802

IMG_6805

IMG_6804

IMG_6803

FullSizeRender
ぺーやんが悩殺ポーズばかり
決めてくるので写真を撮りまくってしまいました。



ぺーやんは娘とは友達みたいな
関係みたいに見えます。
もしくは兄妹。

ーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー






背中を触ると背中が波打つように
動く時がある。
IMG_6792

スミちゃんはこれをやられるのが
好きではないらしい。
IMG_6788




ぺーやんの場合。
IMG_6791

IMG_6790

IMG_6789
触れる=撫でる


撫でられたい男ぺーやん。


ーーーーーーーーーーーーーーー


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー






戦うそぶりを見せると攻撃してくるスミちゃん。
IMG_6777

IMG_6774

IMG_6776

IMG_6775

IMG_6773
親バカ。


しかし爪を出すのはこの後だということを
ブリやんは知らなかった…!



ーーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_6718

IMG_6719
顔を近づけるとスミパンチがくるけど
これならどうだろう?



IMG_6720

IMG_6721
見えなくても顔は顔。


絶対に近くの顔を許さないスミちゃん。


IMG_6723
ボボボ!!と結構な音がしてました。
直にやられていると傷になりそうなレベル。


ーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー

IMG_6633
ぺーやんとスミちゃんはひっかかないので
今は傷がないけど、

昔は手に一目見て猫のひっかき傷だと
わかる傷があった。


こういう傷が手にある人を見かけると
「この人、猫飼ってるのかなあ?」
と思ってしまう。







IMG_6634

IMG_6635

IMG_6636
ぺーやんがまた舐めハゲを作る勢いで
足を舐めていたので手でガードした時の傷!



10分ぐらい熱心に舐められて、
その直後はしもやけのような色になり、
翌日には擦り傷みたいになってました。


ひっかき傷とは別の痛みですが
こちらも結構痛いです。

そりゃ舐めハゲ出来るわけです。



ーーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー


IMG_6594


小学生のころの娘の写真を見ていると…




娘に抱っこされるぺーやんが!
IMG_6593
完全に身を委ねているぺーやんが!
IMG_6592

IMG_6591
今では娘が膝の上で抱っこしようとすると
ほぼ確実に逃げていくというのに…。




IMG_6590

猫たちを迎えたばかりの頃は
娘の腕枕で寝たことがあるらしいぺーやん。



なぜ昔みたいに抱っこされなくなったのか
謎ですが、立って抱っこは好きなようです。

人間のこどもみたいなぺーやん。


ーーーーーーーーーーーーーー

※いつもコメントありがとうございます!
コメントの返信はコメント欄で返信させていただいてます〜(*^o^*)


5日にメッセージをいただいた りねさん
メールアドレスを記入されてなかったので
「顔はさみの刑」の記事のコメント欄で返信
させていただいています〜m(_ _)m


ーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー



IMG_6540
ダンボール箱の上にダンボール箱を
乗せただけの猫ハウスが完成!

IMG_6541
前回の猫ハウスはこちら
超セレブ猫いちおし高級ネコハウス


IMG_6539

IMG_6538

IMG_6537

IMG_6536

IMG_6535
数分で壊れた。



カラーが邪魔で入れなくて
何度も入ろうとして諦めていたけど

最後は強引に突撃していました。



今までの娘のダンボールハウス作品は
こちら→あぱ社長


ーーーーーーーーーーーーーー
応援いつもありがとうございます!


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーーーーーーーーーーー