虹の橋




7月31日、実家のクロちゃんが21歳で亡くなりました。

扁平上皮癌は病名で検索すると「安楽死」という単語が出てくる予後が悪い病気でした。
ネットで調べていると、見た目も崩れてくるためとても直視できない画像ばかり出てきて、どうなっていくのだろうと心配しかありませんでした。

クロちゃんも日に日に症状が悪化して、口元がとても痛々しくつらそうでしたが気丈に振舞っていました。

母は、全力でクロちゃんのケアをしていました。
どうか苦しまずに…という母の願いが届いたのかクロちゃんは眠るように亡くなりました。
21年も、大好きな母と過ごせて幸せだったと思います。

応援していただいた皆様ありがとうございます。
今はきっと痛みから解放されて母の側にいると思います。

毎日、クロが寝静まった後に会わないようにマロを放牧していたのですが、いつもは元気よく走り回るのに、今日は廊下を歩いていると何かを怖がって部屋に戻ったそうです。クロちゃんに会ってびっくりしたのかもしれません。


IMG_9984

IMG_9985

IMG_9986

IMG_9987


小さい頃のクロちゃん。この頃からおっかない子でした。
家族は毎日流血の日々。
IMG_6337
厚着ができる季節になると、受けるダメージが減るのでほっとしていたことを思い出します。
IMG_6339

1999年7月27日の日付…。
IMG_6338


昨年12月のクロちゃん。
眉間にトラ柄がうっすら見えます。私が勤めていた時、職場の方の家でクロは生まれました。
お母さんはスリムで気が強いトラ猫、お父さんはフサフサグレーの大きな猫ちゃんでした。
IMG_2291
昔はそれはそれは恐ろしい、凶暴な猫ちゃんでしたが撫でても怒らなくなりました。
若い頃は7kgもあったのにスリムで、黒ヒョウみたいでした。
IMG_2293
今年2月の悪人面。
いつでもフニャコ母の味方だったクロちゃん。晩年は人間みたいだったそうです。
IMG_4603
3月のクロちゃん。歯周病かなと思っていましたが、いつごろからか少しずつ悪くなってきていたようです。食べ物に苦労し始めたのは結構前からだそうです。
IMG_5386

クロちゃんや母を応援していただきありがとうございます。


↓クロちゃんエピソード(下の方が古いです)






ーーーーー
応援いつもありがとうございます


にほんブログ村 猫ブログへ
ーーーーー
コメントありがとうございます!昨日の記事のお返事はコメント欄で返させていただきますね