おそらくその平凡こそ幸せ 猫と家族の日常絵日記

甘えん坊ぺーやんが亡くなり、ツンデレのスミちゃんとの家族の日常絵日記

重い



我が家の猫は布団の中に入ってこない。
体の上に乗ることが多い。
猫が乗る1
腕枕で寝てほしいけども
明け方ごく稀にスミちゃんが入るくらい。


いつも掛け布団の上で寝る。

大抵人の体の上か、体にもたれて寝る。

乗られると重くて苦しい!
猫の重さ2
股の間で寝ると重くはないけど動けない。
足の横あたりはましだけど布団の反対側から
隙間風が入ってきて寒い。


横向きだと膝の後ろあたりに来て
足を枕にして寝ることが多い。
猫の重さ3
体の上に寝られるよりましだ!

横に向けば狭くて乗れないだろうから
今夜は横向きで寝よう!

猫の重さ4
さあ降りたまえ!

猫の重さ5
落ち着いた!!

このやろう寝る気だ!
こんな足場の悪いところで!

猫の重さ6
ちょっと揺さぶってもしがみついてるので
諦めてこのまま寝ました…。



娘にもたまに乗る猫たち。
あるはずのもの7
娘に乗ってる時はそのままにしといてとのこと。



そう言われたので見守っていると
合わせて10㎏が娘の上で暴れていた。
猫の重さ7
いつも猫が乗っていると米袋で重さを
換算してしまいます。
米袋を乗せて寝ている気分!


腕痺れそうですが布団の中で
寝てくれるのに憧れます。

誘ってもこないなあ。


ーーーーーーーーーーーー


応援いつもありがとうございます

人気ブログランキングへ