※今まで相互リンクを受け付けてましたが、

諸々事情がございまして大変申し訳ないのですが

一旦受付は中止とさせてもらいます。

こちらへのリンクはご自由にしてくださってかまいません。

すみませんがよろしくお願いしますm( __ __ )m


------------------


葛根湯を飲もうとしていたら

「あぱたんが!」(飲ませてあげる)

と、名乗りを上げてきた。


飲もうとしていた葛根湯は粉末。


私が錠剤より苦手とする粉。

とりわけ味が強烈な漢方。


ここは一気にしとめたい。



だが、娘の薬を飲ませたいという気持ちは並々ならぬものであり、

仕方なく飲ませてもらうことになった。


さあこい!

すぐに喉の奥へ流し込んでやる!


不安的中!


なんとか8割方は口の中へ。

だがそれはベストポジションではなかった!



口の中へ広がる味わい。


そしてその味は舌へ染み、鼻へと抜けた!



・・・まだ終わりではない。



残り2割は唇に

留まっていたのだ!




・・・存分に葛根湯を味わいました。



▼応援、いつも手間がかかるのにありがとうございます。

 更新の励みになっています、感謝です!

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング