昨日、鏡の中に入りたがっていた娘。



未だ鏡の中の世界への興味は

薄らいでいなかったらしい。


憧れのまなこでしばらく覗いていた。



そして、諦めきれなかった鏡の世界へ、


いざ、参る!!



…やはり不可能であった。


『頭を鏡にぶつけると痛い』

ということは学習したらしく、


ゆっくりと入って行こうとしていた。




だが娘、ついに悟ってしまった。


鏡の中には入れないということを。



とても残念そうな顔をして鏡を置いた。


それでもやっぱり少し名残惜しそうだった。






▼応援いつもありがとうございます!励みになってます

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング