旦那が居る時は娘と二人、先にお風呂に入ってもらい、

後で私一人が入っている。



私がお風呂から上がったころには



旦那はすでに夢の中だった。



眠りながら娘と遊んでいた。

いつものことなのだが。


夜8時を過ぎると、開いてても眠っている目をしている。

よっぽど眠いのだろう。


車(旦那)に乗っていた娘、

目的地に着いたらしく、起こそうとしていた。


一瞬起きた旦那が言われるままにひっくり返った。


何だ?!何を顔につけているのだ?

よく見てみると、ボトルのキシリトールガムに入っている

ガムを包んで捨てる、あの付箋のような紙だった。



間違いなく娘につけられたのだな…。


これはどういった経緯でこんな姿になったのだろうか。



と、考えていると、車でどこかへ向かっていたはずの娘が

私のところへやってきた。


その紙を手に。



「痛い?」ああ、痛いところを治すという設定なのだな。


いや、でももう寝る時間なので早めに切り上げなければと思い、


「痛いところないので大丈夫です。ありがとう」


と、やんわり断ってみた。




が、


聞く気など毛頭ないようだ。


娘「ここいたいんでちゅね?ああああ、あい、

わかりまちた、ここでちゅね、ここ」



痛みの箇所も捏造された。



とりあえず、これを貼りたかったようだ。

シールとか、貼るの大好きだなあ…。



▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング