お風呂を出る時は

10まで数えさせている。


「ごーお」


「ろーく」


「ひーち」


「はーち」


「きゅーう」


テンポ良く数え、最後の「10」の時は

ひときわ大きく歯切れが良い。


しかし、毎回こういう風にはいかないのだ。



「いーち」


「にーい」


「さーん」


早っ!!

4で打ち止め。



10を数える時のような具合に、

終わりっぽく叫んだら良いと思っているようだ。


いつの間にやら娘の中でマイルールが出来ていた。


こういうことで、10まで数えられることは半分くらい。

いつも適当な数で強制終了している。


今晩なんて



「2!」


だった…。

それはいくらなんでも無理があると思った。



▼応援ありがとうございます。励みになってます。

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング