潰れた旅館を彷彿とさせる内装の我が新居。


床の場所によっては、下の階の人がうるさいんでは

なかろうかと思うほどきしむ



夜、娘が寝入ったあと、トイレへ行こうとする旦那。

一応静かに行こうと努力はしているらしく忍び足で歩く。


が!
776

777

地雷を踏んだ!


慎重に歩こうが、地雷を踏んでしまえば元も子も無い!


更にはそのメタボリックボディの重さで

半端で無いきしみ。


ぐっすり眠ってる娘が起きてしまうではないか!


ここに越してきて、もう数ヶ月。

そろそろ地雷の位置を確認したまえ!
778

踏んではいけない場所をレクチャー。


そんな地雷があるリビング。


しかし我が家のトラップはそれだけではなかった。


二層式洗濯機用に建てられているところ

無理やりドラム式洗濯機を置いているのだが、


使用するたび洗濯機が前進している。

779

トイレへ入るのが困難になって気がつくのだが…。

私でもカニ歩きでなければトイレへ入れない状況になっていた。



夜中、
780

トイレへ走った旦那の叫び声が聞こえてきた。

次の朝トイレへ行くと、普通に入れた。

旦那があのときに洗濯機を動かしたのであろう。


かなり前進していたことを伝えるのを忘れていた…。


まあ間に合ったようだからいいや。




▼応援クリックありがとうございます。更新の励みになります^^

人気blogランキング   子供服・子育てブログランキング