平日、昼間は大抵実家に帰ります。





そして夕方になると、時々娘を連れて


ベビーカーで散歩に出かけるフニャコ母と祖母。

205


機嫌よく出かける娘。




後姿をしばらく見送っていると、


立ち止まったまま長い間動かない。

206


なんだろう…?



近所の猫でも居るわけでもなく…。


何かワイワイ喋る一行。







帰ってきた


母50代にして天然に何があったのか聞いてみると、



嬉しそうに語りだした。

208

「賢いのよ~。




ウ●コに

挨拶するの!」



えっ?




「『ウ●コさんに挨拶しようね』って、いつも教えてたら、ちゃんと覚えて、必ずするようになったのよ~」


「もう、白くなってカチカチなのに、分かるのよね…偉いわよねえ」


197

何故ウ●コ!


外には他に教えるべきものが沢山溢れているというのに!



軽くショックを受けましたが


まあ、偶然だろうと思い、次の散歩について行きました。




すると、以前立ち止まっていたところが近づくと、


騒ぎ出す娘!



娘「ん!ん!」


指差したところで止まると、

207

すごい勢いでお辞儀!



ウ●コを崇める娘!



水分が抜けきり、

今まさに土に還ろうかという

ウ●コに向かって



何度も何度もお辞儀!



そのしつこいまでに

へりくだった背中…


まさにうだつの上がらない

平社員そのもの…!



ああ…!



なんだ…




このえも言われぬ悲しさ…





ウ●コ>娘>フニャコ家



と、いう新たな勢力図が出来てしまいました。



まさか、ウ●コに負けようとは…。






そんな私の気持ちなど知らずに、


フニャコ母「この曲好きみたいなのよ~」


と言って、


小柳ルミ子の『乾杯!』をかける母。


209

それにあわせて歌って踊る娘。


ばっちりだ…


歌うところもばっちり合っている…。




昭和のにおい漂う娘。渋すぎる。




いつもありがとうございます!!とても励みになっております。

↓↓        ↓↓
人気blogランキング  子供服・子育てブログランキング